講師紹介

宮本香織 (みやもと かおり)

 担当コース⇒ピアノ個人

 お茶の水女子大学芸術・表現行動学科音楽表現コース卒業

 同大学院音楽表現学コース(ピアノ演奏学)修了。

 その後3年間、同大学にてピアノ研究補佐及び教務補佐を、

 また音楽教室にてピアノ演奏指導を勤めた。

 現在は青森、東京にてピアノソロのほか、声楽や合唱の伴奏

 として様々な演奏会に出演している。

 青森では、全曲モーツァルトプログラムによるコンサート開催。

 その他に第九回未来コンサート(弘前市)出演、青森県立美術館

 シャガール・アレコホール(青森市)にて『12人のピアニストによる

 コンサート+α』の出演者としてソロコンサート≪ピアノ抒情詩≫

 開催。東京では、ピアノと声楽の『chat-pommeコンサート』や

 2台ピアノジョイントコンサート等を開催。

 浅野清、小坂圭太の各氏に師事、その他多くの先生の指導を

 受ける。

 

小澤亜弓(おざわ あゆみ)  

 担当コース⇒リトミックピアノ個人

 洗足学園音楽大学卒業。ジュニア時代に数々のコンクールで金賞を受賞。

 1990年に自作曲が優秀作品として認められ「ヤマハジュニアオリジナルコンサート in東北」では

東京佼成ウィンドオーケストラと共演を果たす。

 大学在学中には大学の演奏旅行メンバーに選抜、全国各地でコンサートを行う。

 ピアノ演奏だけではなく作曲や編曲の能力を生かし「インクラシック」では ピアノコンチェルトのオーケストラを担当。現在は、演奏活動をしながら子供たちの指導にあたる。

 ピアノを大高知子、北島公彦、作曲、編曲を寺島尚彦、各氏に師事。

 

工藤 里砂子(くどう りさこ)

担当コース→ピアノ個人コース
弘前市出身。弘前大学教育学部音楽家卒業、弘前大学大学院教育学研究科音楽教育専修修了。

浅野清氏に師事、県立高等学校非常勤講師として約5年間勤務した後、2003年に渡独。

ドイツ国立デトモルト音楽大学リート科にてR.ウェーバー氏より歌曲解釈と演奏法を学ぶ。2006年修了。

また同年アンドラーシュ・シフのマスターコースを受講。修了演奏会にも抜擢され、新聞紙上等で高い評価を得た。帰国後は、歌曲を中心とする声楽曲の伴奏や室内楽などの演奏活動を展開。

2008年、青森県立美術館コンサート「12人のピアニストによるコンサート+α」出演。

2009、2012、2013年にはNHK交響楽団メンバーによる「ドリームコンサート」(弘前市)
に出演。ピアノを故渡邊登志子、坂本順子、歌曲伴奏をU.アイゼンローアの各氏に師事。

 

相馬 直子(そうま なおこ)

担当コース→ピアノ個人コース

青森市出身。

青森明の星短期大学音楽科(ピアノ専攻)卒業。同音楽専攻科修了。

14回日本ピアノ教育連盟ピアノオーディション奨励賞。

弘前藤田記念庭園でのミニコンサート、青森市中世の館アフタヌーンコンサート、

ジョイントコンサート等、積極的に演奏活動を展開。

2011年下北文化会館主催「音楽力」にてソロリサイタルを開催。

県内各地においてピアノソロの他、声楽・器楽伴奏などさまざまなジャンルのコンサートに多数出演。

ピアノを渋谷久子、清水知雅子、石郷勝彦、小木曽美津子の各氏に師事。

現在、自宅にてピアノ教室を主宰。ALiカルチャーセンター講師。青森県ピアノ音楽研究会会員。